トッキーさんの気まぐれ日記 健康のありがたみは重々に承知しております。

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


健康のありがたみは重々に承知しております。




節々が痛む・・・

という初・体・験★をしました。

こんにちは。トッキーさんです。




先日・・・十〇年ぶりに熱を出し、

数日間寝込んでました。(。-`ω-)




熱が出る2日前から咳は出てたものの・・・

朝から突然の発熱@土曜日。

入れてた予定をキャンセルして寝てたら、

だんだんと節々が痛み出し・・・

痛みで寝れない、みたいな。(ノ_<。)




で、その日は夕方から、主人と次男が

我が実家へ行く予定となっておりまして。

以前から父と約束してた船釣りのため。

さらに、長男は柳井でテニスの試合・・・























下2人、どーすんの?

と問うても、解決策を見出せるはずもなく。

取り合えず、夕飯は冷凍パスタでしのぎました。

日本の冷凍技術、バンザイ。




次の日・・・日曜日。

ま、もちろん熱は下がってるわけはなく。

下2人が静かになってるわけもなく。




唯一、長男がいてくれたのですべてを任せて寝る。

本当は試合のはずだったけど、途中ガットが切れたため、

勝ってたはずの試合が負けになったらしい。

ゆえに日曜日は休みになった、と。

きっと私の代わりに下の子を見ろって事だったのよ、うん。




2日目は節々の痛みはなくなったものの、

熱が最高で39.5℃まで上がり、虚ろな状態。

目が覚めた=「あ、生きてた、良かった」

みたいな感覚(苦笑)




で、そんな状態なのに、帰ってきた主人は

「アジを刺身にしたいのだが・・・」

と言い出す始末。

なにアナタ?私を抹殺したいの?!(((((( ;゚Д゚)))))




もちろん、私はやりませんでしたが、

やり方教えるだけでもしんどかった。

声を発するのも疲れる状態だったし。

足にはデカい鉛球が付いてるような感じだったし。

Gがかかるんだよ!重力が襲って来るんだよ!




そんな感じでも、熱が出たのが土日で良かった・・・

と思って、平日からは仕事頑張るぞ!

と気合い入れてたけど・・・

















やっぱり熱は下がらなかった・・・(ノД`)・゜・。




なので、ようやく月曜日の時点で病院へ。

でもインフルエンザの検査はしてもらえず。

3日も経ってたからなのか・・・インフルじゃなかったのか・・・謎。




咳のせいで腹筋も背筋も痛かったので、

咳止めと解熱剤だけもらって帰宅。

咳止めのお陰でだいぶ楽にはなったけどね。




3日目くらいになると、なぜか五感が冴えてきてね。

これもしかして、第六感とか目覚めるんじゃない?

とか

おでこに切れ目入れたら邪眼とか開くんじゃない?

みたいな感覚になってきて・・・

ちょっと危ない人でした。(=゚ω゚)テヘッ




結局・・・木曜午前中までの予定はすべてなしにして、

大人しくしてました、私にしては珍しく。




で、熱が下がった次の日は、なぜか一睡も出来ず。

邪眼も開かず。残念な感じでしたけどもね?




ちなみに、それまでの家事はすべて

主人(時々長男)がやってくれました。

お弁当と洗濯物は私が何とかやったけど。




夕飯は1品だけではあったものの・・・

今回は冷蔵庫にあるものを使って作る、という

スキルを身につけてくれてました(苦笑)




最近、彼は調理スキルもだいぶ高くなってきてるので、

私に万が一の事があっても、ある程度は大丈夫かな、と。




こういう時、家族がいるっていいな、と思うんですが、

家族がいるおかげで・・・


























やっぱ大人しく寝てられないよな、って思う時もあって

まあ、その、なんだ。

すべてが良い方向にいくわけでもないよ人生なんて

とゆっくりじっくり考えられた数日間でもありましたとさ。



comment

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
関連サイト


Tokie Kato

バナーを作成

☆♪★著書☆♪★

はじめてうたうわらべうた
セレクト50 乳児編
「あんよはじょうず」


はじめてうたうわらべうた
セレクト50 幼児編
「こどもとこどもと」


共に好評販売中!


【管理サイト】

わらべっ子の集い

広島オーキス新体操クラブ

直接連絡が取りたい方は、
こちらからご連絡下さい。
※広告・迷惑メールお断り。



カテゴリー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。