トッキーさんの気まぐれ日記 「小さい子がうるさい」という苦情

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「小さい子がうるさい」という苦情




こんにちは。トッキーさんです。



先日、ちょっとした苦情を、

あるグループから文書で頂きました。



内容的には・・・真摯に受け止めるべき

ものがほとんどでしたが、1つだけ、

胸に刺さる言葉があったので。



「小さい子がうるさい」



実はこの言葉は大人ではなく、

子供から出た言葉だそうです。



でも、言ったその子が悪いわけでは

ありません。素直に、正直に自分の

気持ちを言っただけだと思います。



うちの子たちも、お店などで泣いてる

小さい子を見て「うるさい」って

言ってますからね・・・。




ただ、そういう時は必ず、



「君たちも小さい時はうるさかった」



「君たちより小さい子なんだから

大目に見てあげなさい」




と諭します。



相手に不快感を持つのは、

子供でもよくあることです。



でもその不快感を相手に向けて

発散するのか、自分で少しだけ

我慢するのかで、人間関係も

かなり違ってきます。



子供に我慢させるということは

抑圧するということではないのです。



誰かが何かをやらかしたとき、

少しだけ目をつむってあげられる

優しさを学んで欲しいんです。



保育所や幼稚園などの騒音トラブル

時々記事になったりしてますよね。



お互い悪いことをしているわけでも

ないのに、トラブルになってしまう・・・。

その背景には、お互いを思いやる優しさが

欠けてしまっているのはないでしょうか。



お店で騒いでしまう子供などでも、

保護者の対応の仕方でこちらの見方が

ずいぶんと変わります。



ちゃんと叱っているか、諭しているか、

放置していないか・・・

遭遇する場面の1つ1つが違うと

思います。



だからこそ残念に思うのは、

「小さい子がうるさい」

といった時に諭してあげられる

大人が誰もいなかった、ということ。



子供の言うことを、ストレートに

苦情として伝えるのは、非常に危険です。

そこが唯一ガッカリしたところなのです。



最後に、フォローだけはちゃんとしておきますが。

私自身、どちらのグループにも所属してます。



だからこそ、どちらかに偏ることもないし、

感情論で話そうという気持ちもさらさらありません。

お互いがいいカタチで続けていけるのが

ベストなわけですから。



陰でコソコソ文句を言うのではなく、

ちゃんと苦情として伝えてくれた

グループは堂々としてすごいと思うし、

もう一方のグループでも、

「迷惑をかけちゃったね」と素直に

受け止めて下さる人ばかりでした。



ではなぜ記事にしたのかと言うとですね。

ほんとについ最近、娘が泣いてる子を見て

「うるさい」と言ったばかりだったからなのです。



なので記事のテーマにさせてもらいました。

・・・ごめんね(苦笑)


tag : 子育て 騒音トラブル 苦情

comment

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
関連サイト


Tokie Kato

バナーを作成

☆♪★著書☆♪★

はじめてうたうわらべうた
セレクト50 乳児編
「あんよはじょうず」


はじめてうたうわらべうた
セレクト50 幼児編
「こどもとこどもと」


共に好評販売中!


【管理サイト】

わらべっ子の集い

広島オーキス新体操クラブ

直接連絡が取りたい方は、
こちらからご連絡下さい。
※広告・迷惑メールお断り。



カテゴリー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。