トッキーさんの気まぐれ日記 しかる教育、ほめる教育

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しかる教育、ほめる教育




師走は何かと慌しいですね。

こんにちは。トッキーさんです。




先日、学校運営協議会に参加してきました。

年に数回程度、夜に会議があります。

私は去年から、PTA副会長の立場で

委員に入っておりまして。




会議・・・というより、学校が提示する資料に沿って、

学校が報告し、不明な点があればこちらから

聞いていく、そんな感じ。

・・・なので、単なる報告会なの?という疑問がいつも(苦笑)




で、先日の協議会で、

「ほめる」「しかる」について

話題になったんですね。




きっかけは私の質問。

詳細は書けませんが・・・

『ほめる』のパーセンテージ

少し低いのが気になったので、

単純に聞いただけだったんですが。




それに対し、協議会副会長が物言い。




「僕は叱る教育が大事だと思う。

子供なんだから叱って当然。

保護者の立場からすると、先生方には

子供たちを叱ってもらわないと・・・」















・・・あ、すみません。

とりあえず私、何も「ほめる」オンリーで

物申してるわけじゃないんですが(^^)





それとですね。私から言わせてもらうと、

「しかる」事こそ本来、

保護者の役目だと思ってましてね。





だからこそ、先生方には子供たちを

ほめてもらいたいと、少し思ってます。




そう思うからこそ私は、

わらべうたの仕事に行っても

自宅レッスンの仕事でも、

子供たちを叱る事はしません。




『学びの場』では叱る必要がない

と思ってるからです。

あくまで『学びの場』の話ですよ?




それに・・・子供たちに対し、

保護者の立場から先生には叱ってもらいたい

だなんて・・・それ逆に、

躾を学校に丸投げしてるだけちゃうの?

と思ってしまうのは私だけですか?(^^)




叱るのは親の役目、

躾は親の責務、

学校じゃありません。





ただ、たとえ他所の子でも、

*危ないこと

*人を傷付けること


をしようとした時は鬼の形相で叱ります。

地域のおばちゃん、という立場ではこれ、必然になります。




それは、教育者でも、保護者でも、

子供を守る

という点においては重要なことなので。

その場の状況判断能力が重要です。




あと、副会長だけでなく、

協議会会長も

「叱る教育は大事」

とおっしゃってました。

会長さんは元校長先生だそうですよ。




もちろん、「ほめる」についても

「努力した結果に対して褒めるのが必要」

と言われてました。




ああ、さすがに言うことが違うなぁと

聞いてたんですが・・・




会長・副会長(両方男性)どちらの意見も

聞いて感じるところ・・・それは、




頑なに「しかる」教育が

大事だと言い張る(失礼!)


ところ(苦笑)




そして、「ほめる」事を

「甘やかし」だったり、

「ごますり」だったり、

「持ち上げ」といった

意味で捉えてるところ。




あ~・・・

男の人の考え方なんだなぁ・・・

って心の中で実は失笑してました。

ごめんなさい。m(_ _)m

そして“男の人”とまとめた言い方をしちゃってごめんなさい。




ただ最終的に思うのはね。




感覚の違い、価値観の違いを持つ人、

そしてそれを自分の正義として疑わない人に、

こちらの意見を言ったところで、

苦情やクレームとしてしか受け取らないんだ

という事が、よく分かった会議でもありました。

もうね、言い方と目つきで分かります。心は言葉に表れるんですよね・・・。




それが残念だなぁ・・・と思うと共に、

言ってもダメな人には、もう何も言うまいと

冷徹な心も私の中に存在してるので、

最終的に私は私、人は人で、

私は私が出来る範囲で、子供たちに関われば

いいや、と思うに至りました★



tag : 子育て 教育

comment

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
関連サイト


Tokie Kato

バナーを作成

☆♪★著書☆♪★

はじめてうたうわらべうた
セレクト50 乳児編
「あんよはじょうず」


はじめてうたうわらべうた
セレクト50 幼児編
「こどもとこどもと」


共に好評販売中!


【管理サイト】

わらべっ子の集い

広島オーキス新体操クラブ

直接連絡が取りたい方は、
こちらからご連絡下さい。
※広告・迷惑メールお断り。



カテゴリー
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。